結婚生活を経験していない離婚経験者



あれは、まだ自粛要請中だった5月半ばのこと。


帰り支度をしはじめようとパソコンの電源を切った矢先、元女性会員(Y子さん)のお母さんから電話がありました。

「橋本さんに直接ご相談させていただきことがありまして、来週あたり、ご都合のいい時にY子とお伺いしたいのですが、お願いできないでしょうか?」


お母さんの口調から、何やら深刻そうな空気を感じたので、要件はあえて聞かず面談の約束だけをして受話器を置きました。

Y子さんが入会されたのは1年前。数ヶ月は何度かお見合いをしたものの、ご縁に至るお相手には会えていませんでした。


それからしばらく、お見合いのお申し込みが入っても彼女自身がお断りをすることが何度か続きました。

婚活も少し中だるみの時期に入ってきたのか?仕事のほうも忙しくなってきたと聞いていたので、Y子さんに対しては、私も1ヶ月ほど静観することにしました。


そうこうしているうちに年が明け、仕事始めから3日後、Y子さんから、成婚の報告がありました。

聞いたところによると、その2ヶ月前にお見合いパーティーで出会った4歳上の男性とトントン拍子にご縁が進み、めでたく婚約に至ったのだとか。


あまりに突然のことだったので、少し戸惑いましたが、いずれにしても大変おめでたいことです。

私は祝福の言葉を述べ、電話を切った後、成婚退会の手続きをしました。

それからしばらく経ってコロナ渦が本格化し、私もリモートでのお見合いなど、今までしたことのない仕事に追われているうちに、K子さんのその後のことは頭から離れていました。

そして5日後、Y子さん親子が事務所に来られました。

最終的には、他社のお見合いパーティーをとおして出会った方との結婚という、私の仕事の範囲外から発生した相談だったので、お二人とも恐縮した面持ちでした。


私は空気がなごむよう、意識して明るくふるまったことで、Y子さんも徐々に緊張が解けたのか、胸の内を話してくれました。

Y子さんとお相手の男性は、昨年末に結婚の約束をしたものの、以降5ヶ月近く経った今も、結婚式のことや住居など、その後の具体的なことは何ひとつ決まっていないのだとか。

というのも、お相手の方もY子さんもお互いがそれらを進めることをしていない、どうしてもその気になれない。

このような状態で、「本当に自分たちは結婚すべきなのか?」という迷いがY子さんに出てきた。


おおまかにはそのような内容の相談でした。

特に女性は、結婚を目前にして、どなたの場合も、多少のマリッジブルーは起こります。


しかし、Y子さんの表情からは、明らかにこの結婚そのものを拒絶している様子が伝わってきました。

そして、その本心に迫ってみたところ、やはり彼女の口からは、「この結婚をやめられるものならそうしたい」という答えが返ってきました。

そこまで思っているのならやめればいい。今だったらまだかすり傷程度で済む。


そう諭そうとした時、お母さんがうめくようにして言葉をしぼり出しました。


「この子は・・・この子はもう籍を入れてしまったんです・・・」


「えっ・・・先に籍を入れていたの?」


当たり前の話ですが、法律的に2人は既にご夫婦です。


Y子さんがお相手との結婚をやめるということは、離婚をするということです。

一日も結婚生活を経験せずして、「離婚経験者」になるなんて・・・。


そのように話を聞いた他人のほうが、何ともやるせない気持ちになってしまいそうですが、

実際にはこういうケースが結構あります。


成婚が決まるやいなや、結婚式の日取りや式場とか新居とか、そういうことを決めていないのに、入籍を最優先に済ませる。


そして、結婚準備をしている間に、お相手やその家族との間で、もめ事が起きたりして、その結婚がご破算になってしまう。

こういうことがあるので、成婚した会員さん、それも特に女性には、「入籍は一番最後でいいのよ。早まってはいけないよ」と言うのですが、「既婚者」という社会的な立場を一日でも早く得たいのでしょうか?


それに耳を貸さず、急いで婚姻届を出される人がいます。


それもわかるんですけどね・・・。


お相手の方にではなくて、「結婚」に飛びついてしまう、その気持ちは。

そうしてY子さんのように、相手に対する気持ちが冷めてお別れすることになって・・・

また、そういう人に限って必要以上に「バツイチ」になってしまったことに対して自責の念を強くもってしまう。


「大丈夫よ。籍は一度入れたとはいえ、本当の結婚はしていないんだから、それは何とでも説明できるし、もう一度(婚活を)やり直そう」と励ましたりするのですが・・・。


こういうことがないよう、くれぐれも焦らないで欲しいものです。

ちなみにY子さんは、先日、お相手の方と無事? 婚姻関係を解消したそうです。