結婚の近道は、意識的に親の影響を受けないようにすること




男女を問わず、入会をご希望されて来られる方々に、

面談の際、私がよくする質問があります。


それは、子供のあなたから見て、

親御さんご夫婦はどのように映っていたか?


両親の結婚生活を見て、あなたは結婚そのものを

どのようにとらえているか?


なぜ、このような質問をするかというと、

多くの人(特に女性)はご両親の姿から、

結婚に対する価値観が育まれるからです。


それらの答えから、半数くらいの方は、

これまでのご両親の結婚生活をさほど良くは

思っていなかったように見受けられます。


父みたいに封建的な考えするような人は、

自分なら受け入れられない。


母のように、父のことを愚痴ってばかりいる、

そんな人生ってなんなの?と思う


それらの経験を反面教師としてとらえ、

私は○○みたいには絶対にならないよう

努力すると、前向きにとらえている人もいれば、


本音を言えば、親を見て育ったせいか、

実際に結婚となれば、慎重にならざるを得ない…

という一歩引いた考えの方もいたりします。


そう言う私も、今振り返れば、実父がいわゆる

「飲み、打つ、買う」の遊び人で、

母が苦労している姿を見て育ちましたから、

夫となる人は、まじめで堅実な人と、

心のどこかで決めていたかもしれません。


逆に、ウチは両親がすごく仲がいい夫婦で…

あれが一般的な結婚生活だとすると、

自分にできるか自信がありません。


なんていう、円満な家庭に育ったことが、

かえってプレッシャーに感じている人もいたりで、

何がいいのか本当によく分かりません。


私たちが自分の将来にいだくイメージのほとんどは、

親が手本になっていたり、基準になっていたりします。


そもそもは他人同士の男女が、

一つ屋根の下で暮らしていくのが結婚ですから、

すれ違うことも、ぶつかることもいろいろあります。


いずれにしても、親御さんご夫婦の生き方が

どんなものであったにせよ、

「自分は自分。親とは違う」と切り離して考える。


そのことをどこかで意識して、結婚活動に取り組むことが、

不必要な回り道をしなくて済むことにつながるのだと、

私はそのように考えています。