缶コーヒー1本でダメになる縁




「橋本さん、私、Fさんとのお付き合い、お断りしたいんですが・・・」


「あ~そう…やっぱりダメだった?」


「はい。もうこれ以上はちょっと、難しいかなぁって・・・」


「そうか…、難しいか…。何か決定的なことがあったの?」


「ええ、決定的と言えば…

 実は先週、奈良に遊びに行った時の話なんですが・・・」


電話の主であるU子さん(33歳:女性)がFさん(36歳)と

お見合いしたのは、ちょうど2か月前。


紅葉がピークを迎えた、おだやかな日曜の午後でした。


お二人は年齢が近いこともあったのか、

初対面の挨拶からすぐに打ち解けた雰囲気だったので、

私もあえて場を和ませる必要もなく、

ほんの1,2分で立ち会いを終えたほどでした。


そんな出会いでしたから、

お互いともその夜に「お付き合い希望」の返事をいただき、

交際が始まりました。


あと1ヶ月ほど交際が続けば、かなりいい感じになるのではと、

私も密かに期待をいだいていましたが、

残念ながら今回の縁は息切れしてしまいました。


それにしても「もうお付き合いはやめよう…」


そう彼女を決心させた決定的な理由とは?


二人で奈良に遊びに行った時にいったい何があったのか?


その理由を男性に聞かせると、10人中9人が茫然とするでしょうし、

逆に女性なら10人中9人が

「うん、それはしかたないよね」と共感する、そんなお話でした。


かいつまんで言うと二人は、

先週の週末、古都を散策しようということで、

奈良の神社、仏閣を歩いてまわりました。


歩き始めから3時間近く経ったころ、

ある公園のベンチで休憩しました。


その時、Fさんが

「俺、温かいものが欲しいからコーヒー買ってくる」と

イスから立ち上がり、数10メートル先の自動販売機に向かって

歩き出しました。


そして、1本の缶コーヒーを両手でもてあそびながら

ベンチに戻ってきたFさんは、

ふたをあけ、1人ごくごくとコーヒーを飲み始めました。


その彼の姿を横目に見た時、U子さんの気持ちは一気に冷めました。


「あ~もう今日で(この人とは)終わろう…」と。


たしかに、U子さんの話を聞いていて、

私が彼女でも同じ気持ちになったかも?と思いました。


なぜ、この男性は、

「俺、温かいものが欲しいからコーヒー買ってくる」の後に、

「君も何か飲む?欲しいもん言うて、買ってくるから…」

という言葉を付け加えてくれなかったのか?


「Fさんはいい人ですけど、いつもどこか肝心なところで、

気持ちが通じ合えないというか…

今まで何回も似たようなことがあったんです。

だから、もし結婚しても、この人ずっと気づかないのだろうなぁって」


彼女の言わんとしていること、すごく分かります。


もちろん「自分も缶コーヒーが飲みたかったのに、この人は…」

ということではありません。


コーヒーなんかどうでもいいけど、

「君も何か飲む?」という一言が欲しいのです。


なぜならその一言に自分に対する「彼の配慮」を感じるからです。


「いつも気遣ってくれている」

すなわち、自分のことを“大事に思ってくれている”

ということを実感する。


そのような感情に満たされることは、

時に一流ホテルで最上級のディーナーをおごってもらうよりも、

「女心」には、比べ物にならないくらいの“ごちそう”なのです。


しかし、Fさんに限らず多くの男性は、

生まれながらにして、脳にそのような思考回路が通っていない。


だからこそ学習を積んで、このような一言による

「配慮のメッセージ」を武器にすることができた男性は必ずモテます。


このメルマガを読んでいただいている男性諸氏、

「たかが缶コーヒーで…」なんて、絶対にバカにしてはいけません。


女性はそこに愛を感じたり、

失望したりすることを忘れないでください。