お見合いからわずか3週間で結婚。行動のスピードこそが、最高の愛情表現




あかね屋会員歴8年のKさん(51歳:男性)が、

この度、めでたく結婚されることになりました。


お見合いから3週間のスピード成婚。


しかも新婦は35歳、

多くの同世代男性が羨む「歳の差婚」というおまけ付き。


私自身もKさんとのお付き合いが永かったぶん、

おめでたい報告を受けた瞬間は、

嬉しさと安堵の気持ちが同時に湧きあがり、少し興奮しました。


そして今回のKさんの成婚から、

また改めて、タイミングとかお互いの行動力とか、

つまり四の五の言わず“事を運んでいく”

その意志の重要さを痛感しました。


というのも、今回の成婚を手繰り寄せたKさんの行動は、

まさに一気呵成。


お見合いで出会って以降、

ある時は週3日もデートすることもあったとか。


可能であれば1時間でも一緒に時間を過ごそうと、

Kさんは仕事が終わると間もなく、彼女が住む街へと向かう、

JRの新快速に乗り込んだのでした。


それとは逆にせっかくご縁が来ているのに、

つまりお互いに相思相愛なのに、

事を運ばせるにあたって、あまりに慎重になりすぎたり、

お相手の女性を気遣うあまりか、

詰将棋のように一つひとつゆっくりと

進めたがる男性がいます。


お見合いからお付き合いになり、

数回のデートでお互いが「この人なら!」という実感を得たとしたなら、

「出会ってからまだ●週間ですから、もう少し・・・」などという悠長さは

かえって“縁を弱める”ことになったりします。


恋愛結婚なら、お付き合いから結婚に至るプロセスの中では、

お付き合いの状況も時に「山あり谷あり」といった道のりを経て、

お互いの関係がさらに強くなっていくこともあります。


しかしお見合いから結婚に至る道のりにおいて、山はいいですが、

谷に来た時、ほとんどその縁は終わります。


ですから山の頂上から下りに入らないうちに、意志を決める。


当のご本人たちは自覚していないでしょうが、

結果的に成婚に至った人たちは、

そのような決断をした人でもあります。


そして特に男性に分かっておいて欲しいことは、

お互いに結婚の意思があることを確認し合ったなら、

できるだけ早めに結婚への具体的な行動を進めて欲しい。


この時ばかりは、仕事よりそっちが大事になる場合もあります。


いつまでにお互いの両親に会い、承諾をとるのか。


それをクリアしたら式の日取りを検討し、式場も探す。


そして住む場所も・・・。


こうした準備を着々と進めることに女性は安心し、

また男性への信頼を高め、惚れ直すのです。


Kさんの結婚式は来月中旬の大安の日曜日。


お見合いから、わずか60日。


プロポーズの言葉より、このスピードを伴った行動力こそ、

新婦にとって真実の愛を実感できる、

彼なりの精一杯の気持ちの表現だったのではないでしょうか?


ここに至るまで結構時間はかかりましたが、

Kさんの“フィニィシュ”は本当にカッコ良かったです。