結婚してから変わったあの人




「もしもし、あっ、橋本さんですか?

去年お世話になったFです。ご無沙汰しています」


「あ~Fさん、お久しぶり!お元気ですか~?

どう?奥さんとはうまくやってる?」


「はぁ、実はですね、そのことで、

ちょっと、橋本さんに聞いてもらいたいことがありまして・・・」


このように、成婚された元会員さんからの「相談電話」が

時々かかってきたりするのですが・・・


そのうちの3割くらいは残念ながら、あまりイイ話ではなかったりします。


その“イイ話ではない話”の内容は、やはり、結婚生活での悩み。


それも共通して多いのが、結婚前には感じなかった

相手の欠点や価値観の違いなどがやたら目について、

「この先、この人と一緒にやっていけるのだろうか?」

という不安をいだいてしまうという内容のもの。


それもどちらかというと、ここ数年の傾向として、夫が妻の態度に対して、

戸惑いや不安をもってしまうというケースが多いように思えます。


付き合っている時はあんなに従順で、優しかったのに、

結婚してしばらくすると、やたら指図してくるようになったり、

何かと自分の考えを押しつけるようになったり・・・。


その「変わりよう」というか落差にどう対処していけばいいのか?

私の意見を聞かせて欲しい。

というのが電話をしてこられた理由です。


たしかに、結婚するまでの“お付き合い期間”のテンションは、

男女双方ともに、張りつめたものがあります。


せっかくイイお相手と出会ったのだから、

この縁をつまらないことで、逃したくない。


そのような適度な緊張感があるので、

お互いに相手のことを気遣い合い、そうして「想い」を育てていきます。


だから「この人となら結婚してもやっていける!」と決心できたわけですが、

いざ、結婚してお互いが「ボクの妻」、「ワタシの夫」という関係になると、

所有者意識というのでしょうか?


「君は僕の妻なのだから●●して当たり前」とか

「あなたは私の夫なのだから、私に××してくれないのはおかしい」という具合に

相手が自分に奉仕することが「常識」という思考回路をもってしまうようです。


そして、この結婚前、結婚後のギャップにお互いが戸惑い、混乱し、思い悩む。

さらに場合によっては、そこにお互いの親が参戦し、

事態がますます悪いほうに進んでしまうこともあります。


「橋本さん、どうしたらいいでしょう?」


どうしたらいいでしょう?って、これはもう話合うしかないのです。


それも自分の主張を相手に分からそうと躍起になるのではなく、

正しかろうが、間違ってようが、まずは相手の話を聞く。


充分に聞いた上で、自分の考えも最後まで聞いてもらえるようお願いし、

その上で、お互いが歩み寄れること、妥協点を探す。


もちろん、それなりの自制心や忍耐を要することですが、

大人なのですから、そうするしかない。


それこそ、結婚前より、結婚したからこそ、

この結び付きをつまらないことで、切ってはいけないのです。


さて、かの相談者は私のアドバイスを参考にしてくれたでしょうか?

あの日以降、何も連絡がないということは・・・。

とにかく、事態が良くなることを祈るばかりです。