独りよがりのおしゃべり女子



「先週のブログを読み終えた瞬間、決めました。

●●さんとのお付き合いをお断りします」


週明けから、立て続けに数名の女性が、

交際お断りを申し出て来られました。


「私の場合、缶コーヒーじゃないけど、

同じようなことが何回もあって…

彼の心の中に、私はいないんだなぁって」


前回の「缶コーヒーの話」は、私の予想を超えて、

多くの女性の“心に響いた?”ようです。


前回も言いましたが、そもそも男性は脳の作りからして、

そのような相手を察して配慮するという回路が、

女性に比べ発達していないのだそうです。


大雑把に言うと、目の前のことに無頓着で、

人の感情を察するということに(女性ほど)敏感ではないから、

逆に時時の感情に左右されたり、事態に動揺しきることなく、

毎日の仕事を粛々(しゅくしゅく)とこなしていける。


高層ビルが建ったり、高性能のロボットが作れたりするのも、

そんな特性が男脳にはあるからだそうです。


かたや女性の、相手を思い、察し、配慮し、

フォローするという回路は、何のためにあるかというと、

それは育児のためであると。


だから、それは生まれながらにして備わっているし、

年齢を重ねるごとにその精度も高くなっていく。


しかし、男性は残念なことに、その回路を持っていない。


あるいは発達していない。


“そこの違い”が缶コーヒー1本に表れたのです。


というのが前回のおさらいと補足。


では、今回のお題として、

その逆バージョンとなるお話をすることにします。


つまり男性のほうから“交際のお断り”が来る、

ある一つのパターンについてのお話です。


男性がお断りを入れる理由で非常に多いのは、

女性とのコミュニケーションに疲れてしまうというものです。


つまり、会ったときも電話で話す時も、

2人の会話の9割は、常に女性がしゃべっている。


そんな状態が続き、やがて男性が消耗してしまう。


前回のテーマ、

女性が察することができない男性に失望するのと同様、

男性は女性特有の意味不明でゴールが見えないダラダラ話を

延々と聞かされることに心底うんざりするのです。


女性が他者の会話に求めることや果たしたいことと、

男性のそれとは明らかに違います。


たとえば女性同士の会話のかたちは、

今現在の気分とか、つい最近の出来事を口々にしゃべり合い、

それに共感し合うというのが標準のパターン。


そうして相手との距離感を縮め、関係を築いていきます。


会話の内容にあまり意味などなくていい、

とにかくおしゃべりすることで相手との関係を築いていきます。


かたや男性は常に会話に意味を見出そうとします。


相手が言わんとすることの結論、ゴールは何なのか?


そこから逆算して今、どの地点の話をしているのか?


そのように男性は常に言葉の意味や

文脈を理解しようとしながら相手の話を聞いています。


それが結局、仕事の愚痴だったり、友達の悪口だったり、

どうでもいい芸能界の話だったりすると、それは疲れます。


最近も、そのことが理由で壊れた縁がありました。


当事者の彼女は相当なショックを受け、

しばらくふさぎこんでいましたが、

その理由が、自分の独りよがりな振舞い方にあるとは

理解できていません。


ですから、今後また新たな縁が芽生えても、

同じパターンを繰り返しそうで、私もそこを心配しています。


“察する”ができない鈍感男と

“独りよがり”のおしゃべり女。


その“痛さ度合”は似たようなものですが、

どちらもなかなか治りにくいのが難点です。