男性の好意が破談に至る…女性の心理とは



さっそくですが、前回の続きのお話をします。


前回の記事:

「破談になった時、もらったプレゼントはお返しする?」


続きというのは、お付き合い中にお誕生日などの理由で、

男性からプレゼント(それも結構高額な)をもらって間もなく、

「交際お断り」をする女性とその心理についてのお話です。


プレゼントを受け取ったら、途端にトーンダウンしてお別れ。


ここだけを切り取ると、このような女性が、

いかにも悪女的な見られ方をされてしまうので、

弁護するわけではないですが、

彼女たちの複雑な心情を説明したいと思います。


(と言ってもあくまで私の推測ですが…)


男性からすれば、プレゼントした時は結構喜んでくれたのに、

「何で?」という釈然としない気持ちがしばらくは消えないことでしょう。


このように男性からプレゼントしてもらったことから、

急にお付き合いを終わらせたくなる。


という、“その女心とは?”ですが、

一言で言うとプレゼントしてもらったことで、

急にその男性のことが重たく感じるようになったのです。


それじゃ、プレゼントした“あの時”の喜びようは演技だったのか?


そんな疑念もわいてくるでしょうが、その喜びは間違いなく本心です。


正確に言うと、

そのプレゼントという“モノ”そのものが嬉しかったのではなく、

それだけ彼にとって“自分は価値のある存在なのだ”

という実感ができたことが、その瞬間、嬉しかったのです。


たしかに嬉しかったのですが、時間が経って冷静になると、

別の気持ちがわいてくる。


別の気持ちというのは、彼の気持ちに応えられるほど、

自分は彼に対して思いをもっているのか?


いつかは本気でこの人を好きになれるのか?


そこが分からない、そこに確信が持てない。


こんなにいいモノをもらってしまったのに…


これから(自分の気持ちは)どうなるんだろう?


こうして身動きができなくなってしまう。


やがて、そのような悩ましい時間が続くことに耐えきれなくなって、

考えることから逃げたくなる。


そして、最終的に、

「お付き合いを断る」という方法をとることによって、

考えることを停止させるのです。


決してお相手の彼のことが嫌になったわけではなく、

悩ましい時間から逃れたいがために、お断りをする。


何とも言いようがない複雑な気持ちになりますが、

それが真相なのではないと私は思います。


このように男性の好意でしたことが、逆に女性の重荷になり、

お付き合いそのものが終わってしまうとは、実に皮肉です。


女性の心理は時に、このように複雑な働きをすることがあることを

男性には理解してもらいたいと思います。