お見合いが上手くいく人・いかない人



先日、家で夕食をとりながら経済ニュースをぼぉーっと眺めていると、

ある成長企業の社長さんのインタビュー映像が流れていました。


「この会社で成功できる人の特長とは?」という質問に対し、


その社長さんは


「素直で自分の感情をコントロールできる人」と答えました


それを聞いて、「なるほど…それってウチらと同じやなぁ」と、


思わず声が出てしまいました。


この「ウチら」というのは、

結婚相談業に携わっている人のことではなく、

私たちの会員さんを指してのこと。


「ご縁」のことですから、

結婚されるタイミングは人それぞれあるわけですが、


それでも、特に女性の方で、

入会されてから、比較的早く成婚される会員さんに共通する長所は、


社長さんが言った

「素直で自分の感情をコントロールできる」という点です。


逆に言うと、それが少し不得手な方は、

成婚までの時間が比較的長いように思います。


「素直で自分の感情をコントロールできるか、そうでないか」


それがはっきり表れるのは、

婚活の過程での、私との面談や電話での相談の時です。


それができる人をAさん、不得手な人をBさんとすると、

たとえば、お見合いの後、

相手からお断りの返事が来たとします。


Aさんはその結果に対し、

単に縁が無かったのだと解釈し、その場で終わらせます。


かたやBさんは、断られたという事実を受け入れられないのか、

「自分の何が、どいういところが断りの原因なのか、

相手に聞いて欲しい!」と、私に要求します。


そう来るからには、

相手の方を気に入っていたかというと、

彼女の返事も最初から「お断り」なのです。


だったら、それでいいじゃない。


「スパッと切り替えて次に行きましょう」と促しますが、

Bさんは自分が「断れた」という現実を受け入れることができないのか、

「その理由をどうしても聞いて欲しい」と食い下がります。


ちなみにお断りの理由を相手に聞くことは、

この世界の流儀と言うか、暗黙のルールに反することなので、

私もそこはきっぱり拒否しますが、Bさんは納得しません。


そして

「橋本さん、私、お見合いを少し休憩します」などと

言いだしたりする。


こういうところが、

感情のコントロールが不得手なBさんの弱点なのでしょうが、

婚活の過程では、嬉しいこともそうでないことも、いろいろ起るのに、

その度に立ち止まっていては、時間ばかりが過ぎていきます。


もう一つ、よくある場面を言うと、

たとえば交際中に相手の男性の仕事の状況で、

なかなかデートの時間が取れなかったりとか、

メールをしても、彼の返事が極端に遅かったりとか、

それらを不満とする女性会員からの相談を受けることがあります。


そんな時、女性心理と男性心理の違いから、

なぜ男性がそのような状態になるのか?の理由をお話し、

そこには大した問題があるわけではないということを

理解してもらうようにします。


(その男性心理については、後日書くことにしますが…)


そうするのですが、

ここでもAさんとBさんの違いがはっきりと出ます。


Aさんは私の説明に納得し、モヤモヤが消えたと同時に、

「また同じような状態になった時、どう受け取ればいいか分った」と、

スッキリした顔で帰りします。


かたやBさんは、私の言うことに耳を貸さず、

自分だけが一方的に不満をぶちまけ、

挙句の果てに、シクシクと泣き出します。


もちろん、これで気分が晴れてくれれば、

それだけでも成果には違いないのですが、

残念ながらBさんは、また次に同じようなことがあると、

変わらずまた同じ反応をするのです。


冒頭の社長さんが言った

「素直で自分の感情をコントロールできる人」というのは、

人の話をよく聞き、ときどきの喜怒哀楽に翻弄されず、

目的を達成するために、

最善の行動ができる能力を持った人のことを

指しているのだと思います。


目的の達成という意味では、仕事も結婚も同じ。


もちろん簡単なことではありませんが、

「得たい現実を手に入れることができているか?」その成否は、

自分の感情と上手く付き合える力があるかどうかで、

ほとんど決まってしまうのでしょう。


そう言う私も、常に自分の感情と戦っているので、

皆さんに偉そうなことは言えませんが…